スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢、枝野両氏、9日会談=幹事長職務引き継ぎで(時事通信)

 民主党の枝野幸男幹事長が9日午後、小沢一郎前幹事長と国会内で会談することが決まった。党幹部が8日夜、明らかにした。職務引き継ぎのため、枝野氏側が要請していた。 

枝野新幹事長就任会見詳報(1)(産経新聞)
女子高校生が包丁で兄の脇腹刺す、殺人未遂容疑(読売新聞)
<動物虐待>くぎ刺された肉食べた犬が手術 大分県警が捜査(毎日新聞)
<囲碁>本因坊戦第3戦 山下天元、持ち前のパワーを発揮(毎日新聞)
電気自動車「リーフ」の予約台数、2カ月で販売目標の6000台に(Business Media 誠)
スポンサーサイト

郵便不正 「1人でやった」公判供述だけが証拠に(産経新聞)

 刑事訴訟法は、証人が公判で捜査段階の供述調書と異なる内容の証言をした場合、供述調書の方を信用すべき特別の事情があるときに限り、調書を証拠にできると定めている。

 今回の公判では、検察側証人のほぼ全員が捜査段階の供述を覆し、村木厚子被告の関与を否定。このため検察側は異例ともいえる取調官6人を証人尋問し、取り調べ中に暴行や脅迫はなく、逆に公判では村木被告を前に真実を供述できない-などと調書を信用すべき事情があると主張した。

 しかし、大阪地裁はこれを退け、調書の大半を却下。「村木被告からの指示があった」とした上村勉被告の調書が証拠採用されなかったことは、そのまま検察側主張の根拠の根幹が失われたことを意味する。

 この結果、「一人でやった」とする公判供述だけが証拠になることになり、村木被告に有罪判決が言い渡される可能性は極めて低くなったといえる。

【関連記事】
郵便不正 村木被告「感謝」とコメント
郵便不正、供述調書の証拠採用却下 大阪地裁
裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念
郵便不正 共謀者は有罪…矛盾判決、調書採否が原因
郵便不正公判 「凛の会」元会長の一部無罪で検察側が控訴
虐待が子供に与える「傷」とは?

女生徒連絡先、捜査資料から入手=わいせつ容疑の警部補―新潟県警(時事通信)
神戸地裁前で焼身自殺の男性死亡(産経新聞)
閣議で「何らかの決定」=普天間移設の政府方針―鳩山首相(時事通信)
山田宏氏、杉並区長辞任し参院選出馬へ(読売新聞)
哨戒艦沈没事件、国連提起ならず 日中韓会談(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。